芦田愛菜、笑わないクールな役がらに挑戦!さすがの天才子役も「難しかったです」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イスに座っての舞台あいさつ!-芦田愛菜

 9日、映画『ライアーゲーム -再生-』の試写会が東京国際フォーラムで行われ、出席した出演者の芦田愛菜に「一番ウソがうまそう」と指摘された濱田マリが、「生きていくには『ウソも方便』という言葉が大事よ」と諭した。この日の試写会には主演の松田翔太のほか多部未華子船越英一郎小池栄子高橋ジョージ新井浩文野波麻帆池田鉄洋鈴木浩介松山博昭監督も登壇した。

映画『ライアーゲーム -再生-』写真ギャラリー

 本作は、テレビドラマ「ライアーゲーム」「ライアーゲーム シーズン2」、映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』を経て、新生「ライアーゲーム」として制作された劇場版第2弾。新たに多部未華子をヒロインに迎え、プレイヤーたちが最高の難易度を誇る「イス取りゲーム」に挑戦する。

[PR]

 普段は愛くるしい笑顔で世間をほっこりさせている芦田だが、本作では決して笑顔を見せないライアーゲームの事務局員を演じている。しかしこの日はいつもの笑顔で「クールさを出すために、目や体を動かさないようにしていた。笑ったらいけない役は難しかったです」と撮影中を振り返り、観客の歓声を集めていた。

 そして本作にちなみ「この中で一番ウソがうまそうな人は?」と聞かれた芦田は、「辛いときでもいつもニコニコしているから」という理由で濱田を名指し。これを受けて「営業妨害~」と苦笑した濱田は、「一ついいこと教えてあげる。生きていくには『ウソも方便』っていう言葉が大事ですよ」と、酸いも甘いも知り尽くした笑顔でアドバイスを送っていた。

 『ライアーゲーム -再生-』は、天才詐欺師・秋山(松田翔太)の奮闘により、出資者たちが多大な打撃を受けたファイナルステージから2年後。秋山を潰そうともくろむライアーゲームの事務局が復活を果たし、総額20億円をかけて20人のプレイヤーが争う「イス取りゲーム」を用意する。(肥沼和之)

映画『ライアーゲーム -再生-』は3月3日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]