伝説のレゲエミュージシャン、ボブ・マーリィのドキュメンタリー映画が4月20日からアメリカ公開決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
伝説のレゲエ歌手、ボブ・マーリィ - Anwar Hussein / Getty Images

 ラスタファリ運動やレゲエミュージックを通して多くの人々に多大な影響を与えた伝説のミュージシャン、ボブ・マーリィのドキュメンタリー映画が、4月20日からアメリカで公開されることがDeadline.comによって明らかになった。

ケヴィン・マクドナルド監督映画『ラストキング・オブ・スコットランド』写真ギャラリー

 同作品は、映画『ラストキング・オブ・スコットランド』や『LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語』のケヴィン・マクドナルド監督がメガホンを取った作品。そして今回、この作品の配給会社であるマグノリア・ピクチャーズが、正式に4月20日に同作品を公開し、さらに同時にビデオ・オン・デマンドでも鑑賞できることを発表した。

[PR]

 このドキュメンタリー作品は、ボブ・マーリィの家族の支援をもとに、ボブ・マーリィの若き日に焦点を当て、彼がスターダムにのし上がっていく経緯を描いているそうだ。

 今後この作品は、まず2月に開催されるベルリン国際映画祭でワールド・プレミアが行われ、3月にはテキサスのサウス・バイ・サウスウェストで上映することになっている。

 ちなみに、同作品はボブ・マーリィの息子ジギー・マーリィもエグセクティブ・プロデューサーとして参加している。ファンはもちろんのこと、ファンではなくても観ておきたい作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]