長澤まさみと武井咲がステキな赤エプロン姿で登場!!バレンタインチョコ教室にサプライズ登場!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
長澤まさみと武井咲が、女子高生と一緒に手づくりチョコに挑戦!

 女の子にとっての一大イベント、バレンタインデーを間近に控えた12日、市ヶ谷の東京家政学院高等学校で開催されたGhana×TOKYO FM「~ハートを届けよう!~ガーナ手づくりバレンタイン教室」に女優の長澤まさみ武井咲サプライズ登場、本イベントに参加した24人の現役の女子高生たちは歓声を上げて二人を迎え入れた。

 本イベントは、トップパティシエの島田進氏の指導のもとに「手づくりチョコ」の作り方、ラッピングの仕方を学ぼうという趣旨で実施。その会場に赤いエプロンを着用した長澤と武井が突如登場すると、何も聞かされていなかった女子高生たちは「えー!」と絶叫。二人は皆と一緒になってチョコを作っていたが、長澤は「女子高生のパワーに元気をもらいました。わたし自身も学生時代を思い出しましたね。みんなが一生懸命チョコを作っている姿を見て、かわいいなと思いながら、ほほ笑ましい気持ちで見ていました。彼女たちからかわいらしさを学びたい」と笑顔になった。ちなみに本イベントで長澤、武井、そして女子高生たちが作ったチョコの一部は「ロッテ キモチつながるプロジェクト」の一環として、2月14日に岩手県大船渡市の仮設住宅に送り届けられることになる。

 この日のイベント前には、武井が一足早いバレンタインチョコを長澤にプレゼントしたという。「みんなに自慢したいですね。自分が作る前にいい勉強になりました。咲先生という感じで」とうれしそうな顔を見せる長澤に、武井も「渡したときにすぐに食べてくれて。まさみちゃんはホントに優しい人だなと思いました」と返す。武井にとっては、初めて手づくりチョコを渡した相手が長澤になったそうで、「今までは自信がなくて、手づくりチョコを渡すことができませんでしたが、今回は挑戦してみました。まさみちゃんがおいしいと言ってくれて、ホッとしています」とコメントすると、お互いに顔を向き合ってニコッと笑顔になっていた。(取材・文:壬生智裕)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]