『TIME/タイム』「ホワイトカラー」のイケメン、マット・ボマーがゲイであることをカミングアウト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
受賞スピーチ中にカミングアウトしたマット・ボマー - Jerod Harris / WireImage / Getty Images

 以前から同性愛者ではないかとウワサされていた映画『TIME/タイム』やテレビドラマ「ホワイトカラー」のマット・ボマーが、エイズ関連の活動の功績を認められ、受賞スピーチでゲイであることをカミングアウトした。

マット・ボマー出演映画『TIME/タイム』写真ギャラリー

 マットはHIV/AIDSに関連した活動でニュージェネレーション・アーツ・アンド・アクティヴィズム賞を受賞。「僕は愛する家族に感謝をしたい。サイモン、キット、ウォーカー、ヘンリー、無償の愛が何かを教えてくれてありがとう。君たちは僕が最も誇りに思う功績だ」と壇上でコメントした。サイモンとは、マットのパートナーでパブリシスト、ほかの3人はサイモンとマットの子どもたちだとハリウッド・レポーターは報じている。

[PR]

 以前から関係者の間では同性愛者として知られていたが、これまで公の場でそれを認めることはしなかったマットは、2010年の雑誌のインタビューでゲイではないかというウワサについて聞かれると、「ウワサなんか気にしていないよ。僕は自分の人生に満足していて幸せだ」とここでもはっきりさせることを拒んでいた。

 マットはテレビドラマ「ホワイトカラー」でニール・キャフリーを演じているほか、チャニング・テイタムマシュー・マコノヒーと共演した男性ストリッパーを題材にした映画『マジック・マイク(原題) / Magic Mike』の公開が控えている(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]