AKB48が集めた震災義援金は合計12億円超え 今後も続けていくことをファンの前で約束

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
西武ドームにAKB48メンバー16人が集結

 8日、西武ドームでAKB48の23枚目のマキシシングル「風は吹いている」全国握手会イベント AKB祭り powered by「AKB48 ネ申テレビ」が開催され、多田愛佳小嶋陽菜指原莉乃篠田麻里子高城亜樹前田敦子板野友美大島優子峯岸みなみ宮澤佐江横山由依河西智美柏木由紀北原里英島崎遥香渡辺麻友のメンバー16人が参加、集まった約1万3,000人のファンを熱狂させた。

篠田麻里子が出演する映画『桜蘭高校ホスト部』写真

 まずステージに登場したのは、前田、大島、柏木、篠田の4人。2011年3月11日の東日本大震災から始まったAKB「誰かのために」プロジェクトの活動の様子や、昨年9月から集まった義援金の約5億8,500万円を寄付することが発表された。前田は「歌い続けて笑顔を届けたい」篠田は「震災のことを意識を高めて忘れない」とコメント。昨年3月から継続的に支援活動を行い、寄付は今までで計約12億5,400万円になるが、今後も活動を続けてくことをファンの前に約束した。

[PR]

 イベントではCS放送で放映中の「AKB48 ネ申テレビ」のトークコーナーもはさまれ、大島が司会進行。多田、峯岸、渡辺の3人がそれぞれファンが提案するシチュエーションで愛の告白をするというむちゃぶりお題が出され、負けた多田が、罰ゲームで西武ドームにちなんだレオくんの決めポーズを披露すると「それ一発ギャグ!」と大島が爆笑する場面も。

 この日、披露されたミニライブの目玉は、最新シングル「GIVE ME FIVE!」のバンド生演奏。「会いたかった」「フライングゲット」を披露したあと、メンバーは楽器を手に持ち、生演奏を初披露した。残念ながらメインメンバーの高橋みなみのパートはサポートメンバーが入ったが、ギターの前田とベースの大島が寄り添って演奏する姿はさまになっていた。(取材・文:浅来香)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]