小雪、生まれたばかりの男児は「上がわたし似で下が夫似」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ママの顔を見せた小雪 隣はメガホンを取った山崎貴監督

 22日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで『ALWAYS 三丁目の夕日'64』ママさん上映会で、小雪が登壇し、1月5日に生まれたばかりの第1子となる男児について、「上がわたし似で下が夫似」と語った。

映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64』写真ギャラリー

 TOHOシネマズにて、「赤ちゃんが泣き出したり、喋りだしても皆様、お互い様!」の精神で実施されている「ママズクラブシアター」向けに行われたこの日の上映会。小雪は、「みんなおとなしくていい子だね」と赤ちゃんに手を振り、すっかりママの顔を見せていた。

[PR]

 また、会場に集まったママたちから、「赤ちゃんはどちら似?」と聞かれ、小雪は「まだわからないですけど、ちょっとずつ顔がはっきりとしてきて、上がわたしで、下が夫ですかね」と返答。さらに「(劇中の夫の)茶川さんは家事を手伝っていなかったですが、(夫の)松山ケンイチさんはどう?」との質問には「時間に余裕があるときは手伝ってくれる。大変なことは男性も共有した方が夫婦のきずなが深まると思うので、なるべくお願いするようにしています」と夫婦の日常を明かした。

 出産後1月半という小雪だが、会場からはそのスタイルに驚嘆の声が上がった。「でも実はまだ体重も元に戻っていなくて、運動もできていない状態。体力的にもまだ戻っていないので、いろいろなことをがんばらずにいきたい。でも眠いし、疲れもあるので、子育てしながら運動はできないですよね。なので、病院で教えてもらったベッドの上で5分でできる腹筋だけは続けています」とそのプロポーション維持の秘けつ(?)を明かしていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ALWAYS 三丁目の夕日'64』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]