子どもたちにはタトゥーはいれてほしくないマーク・ウォールバーグ 痛みを伴うタトゥー除去に子どもを同伴

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
父親としての失敗はしたくないんだ - マーク・ウォールバーグ

 マーク・ウォールバーグが8歳と5歳半の子どもたちを連れてタトゥーを消しに行ったという。

マーク・ウォールバーグが父親役で出演!出演映画『ラブリーボーン』写真ギャラリー

 タトゥーを7か所に入れているマークは、現在、すべてを除去する作業を行っているところだと朝のトークショーで語った。「入れたすべてのタトゥーには意味がある。でも、子どもたちにはタトゥーを入れてほしくない。だから、いかに痛みを伴うものかを見せるため、子どもたちも一緒に連れていったんだ」とマークは言う。もう一つの理由は、服を脱ぐシーンがあるとメイクでいちいち隠さなければならず、それも面倒だと思うようになったかららしい。

 現在はレストランも経営しているマークは、子どもたちの目をエンターテインメント業界からそらす作戦にでているようでもある。「子どもたちにはこの業界に入ってほしくない。だから、いろいろとほかの仕事も始めているんだ。もし、俳優になることに情熱を持ったのならサポートはするけど、できる限りほかの方向に導くようにするよ」と語った。仕事で成功しても父親として失敗したら、すべては無に終わるというのが信条のマーク。プライベートでは4人の子どもの良きパパのようだ。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]