アカデミー賞投票者は94パーセントが白人&77パーセントが男性!平均年齢は62歳 -ロサンゼルス・タイムズ紙

第84回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オスカー像が誰に渡るかは会員次第ですが、その構成がまさかこんなに偏っているとは…… - (C) A.M.P.A.S.

 アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミー(A.M.P.A.S.)会員についての調査結果をロサンゼルス・タイムズ紙が公開し、94パーセントが白人、77パーセントが男性という偏った構成になっていることが明らかになった。同調査によると、会員の実に80パーセント以上が50歳以上であり、平均年齢は62歳となっている。

今年のアカデミー賞で4ノミネートしている映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』フォトギャラリー

 現在、アカデミー賞の投票権を持つA.M.P.A.S.は5,765名と発表されているものの、その詳細について伏せられたままだ。その現状を踏まえ、同紙は1,000人単位の会員、ならびに代理人に取材を行い、全体の89パーセントにあたる内5,100名の会員の実態について突き止めたという。

[PR]

 その内の94パーセントを白色人種が占める一方で、黒色人種は約2パーセントにとどまり、ラテン系になると2パーセント以下。さらには77パーセントが男性であり、会員の平均年齢は62歳。50歳以下の会員はわずか14パーセントしかいないという事実は、多くの人に衝撃を与えている。

 昨年の第83回アカデミー賞のノミネーション発表時にも、一部で主要部門候補に有色人種が挙がっていないことが報じられ、話題になったことは記憶に新しい。今年は『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』のヴィオラ・デイヴィスオクタヴィア・スペンサーをはじめとする白人以外の俳優がノミネートされているものの、偏った会員構成が投票結果に影響を与えているという疑念は晴れていない。

 アカデミー賞直前に投じられたこの記事は早くも大きな反響を呼んでいる。電子投票制度導入を推進するなど、アカデミー賞は変わりつつあるが、会員構成についても見直しを求められる時期に差し掛かっているのかもしれない。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]