『ロボコップ』のリメイク、ジョエル・キナマンが新ロボコップに?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新ロボコップにオファーされたジョエル・キナマン - Charles Eshelman / FilmMagic / Getty Images

 米AMC局のドラマ「THE KILLING ~闇に眠る美少女」にレギュラー出演しているスェーデン人俳優ジョエル・キナマンがMGMから『ロボコップ』リメイク主演のオファーを受けた。

オリジナル版映画『ロボコップ』写真ギャラリー

 これはDeadlineが伝えたもので、『ロボコップ』のリメイクは映画『バス174』の監督ジョゼ・パヂーリャがメガホンを取り、新鋭ジョシュ・ゼテューマーが脚本を執筆する。

[PR]

 パヂーリャ監督は当初は超売れっ子マイケル・ファスベンダーラッセル・クロウに白羽の矢を立てたが、その可能性はこれでゼロになったことになる。

 舞台は近未来のデトロイト、ジョエル・キナマンはデトロイト市警の警官マーフィーを演じ、執務中死亡したが、警察を管理するオムニ社の手によってサイボーグ、ロボコップとして蘇り、再び危険なデトロイトの安全確保のために悪と戦うことになる。

 キナマンは映画『ドラゴン・タトゥーの女』、現在全米でヒット中のデンゼル・ワシントン主演映画『セーフ・ハウス(原題) / Safe House』に出演しているものの、脇役起用であり、『ロボコップ』主演となれば、大ブレイク間違いなしだ。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]