ハーモニー・コリン監督、女子四人組による銀行強盗映画の撮影中!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
夫婦で仲良く撮影中! - レイチェル・コリンとハーモニー・コリン監督 - Joe Corrigan / Getty Images

 映画『ガンモ』や『KEN PARK ケンパーク』など、ティーンエイジャーの暴力性やセックスなどを扱ったセンセーショナルな作品で知られるハーモニー・コリン監督の新作で、女子四人組が春休みの資金調達のため銀行強盗するという内容の映画『スプリング・ブレイカーズ(原題) / Spring Breakers』の撮影が現在進行中だ。

映画『KEN PARK/ケン・パーク』場面写真

 四人組を演じるのは、テレビドラマ「ウェイバリー通りのウィザードたち」のセレナ・ゴメス、「ハイスクール・ミュージカル」のヴァネッサ・ハジェンズ、テレビドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」のアシュレイ・ベンソン、そしてコリンの妻レイチェル・コリン。窮地に追い込まれた四人を救う麻薬と兵器のディーラーを、ジェームズ・フランコが演じている。

[PR]

 ウェブサイトe!onlineに対し、ハジェンズは自分の役キャンディについて、「銀行強盗はもちろんしないけど、ものを投げるのが好きなところはわたしにもある」とコメント。また、ゴメスは現在、どうやって酔っ払う演技をしようか画策中、「わたしとは正反対の役だから、ものすごいチャレンジだわ」と述べている。

 それぞれ持ち前の魅力を生かしつつ、ティーンたちのギリギリの精神状態を描くのにたけたコリン監督が彼女たちをどう演出するのか楽しみだ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]