ラッセル・クロウ、ヴァージン系列のジムで門前払い!ツイッターに怒りぶちまけヴァージン側が謝罪

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
もっとまともな従業員を雇え! - 怒りのツイートをしたラッセル・クロウ - Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images

 イギリスで映画『レ・ミゼラブル』を撮影中のラッセル・クロウが、ヴァージン系列のジムで門前払いをくらい、怒りのツイートをした。

ラッセル・クロウ主演映画『ロビン・フッド』写真ギャラリー

 WENNによると、ラッセルは事前にロイヤル・バークシャー・ヘルス・アンド・ラケット・クラブのスタッフに連絡を取り、ジムを使いたいと申し出、相手もぜひ見学に来てほしいと答えたという。しかし、いざジムに出向くと会員ではないとの理由から中に入れてもらえなかったらしい。

[PR]

 ラッセルは、「あきれたよ! 自分の看板を背負わせるなら、もっと能力のあるまともな従業員を雇え」とヴァージンのCEOであるリチャード・ブランソンに向けてツイートをした。これを知ったヴァージンのPR部は即座に謝罪したようで、午後には「英ヴァージン社の女性から丁寧なメールをもらった。おれは一般人がワークアウトする、フレンドリーなGOLD’S GYMに行くよ」とつぶやいている。おそらくヴァージンのジムにVIP待遇でお誘いがあったのだろうが、違うジムに行くことにしたようだ。

 ロイヤル・バークシャーのジム従業員でラッセルのファンだという男性は、ツイッターで一緒に同ジムでワークアウトしようと誘ったが、「たかがジムだ。鉄の塊を持ち上げるだけさ。だったらフレンドリーな場所を選ぶよ。でも、勇気を持って連絡してくれてありがとう。君はいいやつのようだね。幸運を祈るよ」と返事をしている。

 ラッセルは現在ヒュー・ジャックマンと共演をしているが、ヒューは映画の中でラッセルを殴るシーンがあり、楽しんでいるとのこと。「本当ならラッセルはヒューを簡単にぶちのめせるからスタッフは大笑いをしているよ」と関係者はザ・サン紙にコメント。ラッセルを殴るのに味をしめたヒューは、何度もシーンの撮り直しを要求し、ラッセルはヒューのことをミュージカル俳優野郎とグチっているらしい。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]