高峰秀子さんを偲ぶ会に約400人が出席 昭和を代表する大女優の人柄が語られる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
高峰秀子さんを偲ぶ会 会場

 2010年12月28日に肺ガンのため逝去した女優・高峰秀子さん(享年86歳)を偲ぶ会が、27日に東宝スタジオで行われた。高嶺さんの誕生日でもあるこの日、会には八千草薫中村メイコ香川京子宝田明戸田菜穂篠田正浩監督ら映画関係者を含むおよそ400名が参列し、昭和の大女優をしのんだ。

 1924年に北海道で生まれた高峰さんは、5歳のときに『』で映画デビューを果たし、天才子役として注目を集めた。以降は「デコちゃん」の愛称で国民的人気を博し、1979年に引退するまで300本以上の映画に出演して日本映画の黄金期を支えた。代表作は映画『二十四の瞳』『喜びも悲しみも幾歳月』など。また文筆家としても知られ、自伝やエッセイなど多数の著作がある。夫は映画監督の松山善三

 この日は来賓代表のあいさつとして、映画スクリプターの野上照代、女優の司葉子など、生前に親交があった面々がマイクを取った。「ノンちゃん」と呼ばれるほど親密だったという野上は「俳優の仕事は、その人間になりきって『あら、カメラが映しているのね』という(自然な)状況にならないといけない」という高峰さんの言葉を紹介。

[PR]

 一方の司は、共演した際のお昼時に、高峰が撮影所でよくめざしを焼いていたことに触れ「『葉子ちゃんも食べる?』と言われ、演技がうまくなるおまじないだと思って食べました」としみじみ思い出を語った。

 高峰さんが亡くなって以来、言葉が出にくくなっているという夫の松山善三監督は、「本日はうちの嫁さんのためにおいでいただき、ありがとうございました」と温かい拍手を浴びながらあいさつ。養女の松山明美さんは「高峰が亡くなってから、いろいろなことがあった。怪しい人が近づいてきたりもした」と涙ながらに告白し、「名もない週刊誌の記者だったわたしを養女にしてもらえるとは、夢にも思っていなかった。拾ってもらったノラ猫のような存在だが、松山家を守る番犬にならないといけない」と気丈に語った。(肥沼和之)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]