『キャリー』リメイク版でキャリーの母親役にジョディ・フォスターとジュリアン・ムーアが一騎打ち

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
母親役は……どっち!? - ジョディ・フォスターとジュリアン・ムーア - (左)Venturelli / WireImage / Getty Images

 先日、スティーヴン・キング原作でブライアン・デ・パルマ監督が1976年に製作したホラーの名作『キャリー』のリメイク作品で、主役のキャリー役が映画『ヒューゴの不思議な発明』のクロエ・グレース・モレッツと映画『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』のヘイリー・ベネットの一騎打ちになったと伝えたが、エキセントリックな母親役で、ジョディ・フォスタージュリアン・ムーアの一騎打ちになっているそうだ。

ジョディ・フォスター主演映画『おとなのけんか』写真ギャラリー

 Vultureが伝えるところによるとメガホンを取るキンバリー・ピアース監督はジョディ・フォスターとジュリアン・ムーアのどちらかに、狂信的でエキセントリックなキャリーの母親を演じてもらいたいと話しており、実際、ジョディ・フォスターとは話をしているという。

 ジョディ・フォスターの母親役といえば映画『フライトプラン』で愛する娘を取り戻すためジャンボ機の乗客全員を相手に立ち向かった力強い母親が記憶に新しい。ジュリアン・ムーアは映画『美しすぎる母』で実の息子と関係を持ってしまう上流階級の母親を演じている。さらにこの二人の因縁は映画『羊たちの沈黙』でジョディ・フォスターが演じたクラリス・スターリングFBI捜査官を続編の映画『ハンニバル』でジュリアン・ムーアが演じたことだろう。キンバリー・ピアース監督が想像しているキャリーの母親像を二人がどう演じるか、比べてみたいものである。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]