『ももへの手紙』15歳の美山加恋の「お父さんよりお父さんみたい」発言に船越英一郎、大照れ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
美山加恋と船越英一郎、「本当に娘みたいな存在」

 1日、家族の絆を描いたアニメ映画『ももへの手紙』の親子試写会がスペースFS汐留で行われ、もも役の声を担当した美山加恋と、美山が「お父さん」と呼んで慕う船越英一郎が、しみじみと互いへの思いや絆を語った。

映画『ももへの手紙』場面写真

 フジテレビ系列のドラマ「外科医 鳩村周五郎」シリーズなど、多くの共演経験がある船越と美山。初共演時は小学校一年生だったという美山が、現在は15歳に成長したことに船越は触れ「(美山が)成長するのをそばで見てきた。本当に娘みたいな存在」としみじみコメント。「親子や人とのつながりは、決して血だけのものじゃない。加恋ちゃんとの絆も感じている」と思いをにじませた。

[PR]

 一方の美山も、船越のことを「お父さん」と呼ぶほど慕っているようで、「これまでたくさんお話しして、たくさん褒めてもらいました。お父さんよりお父さんみたい」と満面の笑顔を見せる。すると船越はたちまち頬を緩めて「今の一言が聞けたので、今日は来て良かったです!」と大喜びだった。

 そんな船越は、女優としても美山のことを大絶賛。「(本作で)加恋はすごく良かった。なんていい声で、なんていい表情を声の中に持っているんだろう。心を打たれたし、癒やされました」と褒めちぎり、映画についても「ひたひたと感動が迫ってくる映画で、日本中の人に観てもらいたい。つらいことや苦しいことがあっても、一人ではないことを教えてもらえた」と目を輝かせて饒舌(じょうぜつ)に語った。

 映画『ももへの手紙』は『人狼 JIN-ROH』で世界の注目を集めた沖浦啓之監督が、7年の製作期間をかけて完成させた感動の長編アニメーション。父から遺された一通の手紙を胸に、瀬戸内海の島へと移り住んだ少女が体験する驚きに満ちた日々を生き生きと描き出す。第15回ニューヨーク国際児童映画祭では長編大賞を受賞した。(肥沼和之)

映画『ももへの手紙』は4月21日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]