最後の『踊る大捜査線』青島刑事、15年を振り返る…「たまには女の子と映画でも…」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』最新ポスター - (C) 2012 フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー

 15年の歴史に幕を閉じる人気シリーズ完結編、映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の特報映像第二弾がオフィシャルサイトなどで公開され、織田裕二ふんする青島俊作が「たまには女の子と映画でも……」とこれまでの15年間を振り返ってこぼすシーンが披露された。

映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』場面写真

 先日クランクアップを迎え、長年、青島を演じ続けてきた織田自ら「青島は警察官から一般人になります。クビです」と驚きのストーリーの一端を明かした『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』。起きてはならない事件が発生し、警察をクビになった青島の奮闘ぶりがメインに描かれる、3日間の物語だ。

[PR]

 今回公開された特報は、「episode 2 湾岸署・第一取調室」と題された映像で、取り調べ中の青島が自身の15年間を思い返すところから始まる。「仕事ばっかりでねぇ、たまには女の子と映画でも……」。本シリーズファンもこの15年を振り返ればさまざまな思いがよぎるはずだが、青島らしいこの言葉に思わず笑みがこぼれる。また、ドラマ第1話で登場した「カツ丼」という懐かしのフレーズも再登場。

 そのほか、すみれ(深津絵里)や室井(柳葉敏郎)、真下(ユースケ・サンタマリア)、和久伸次郎(伊藤淳史)、篠原夏美(内田有紀)、小池茂(小泉孝太郎)、鳥飼誠一(小栗旬)の最新映像も差し込まれ、青島の警察手帳も印象的に映し出される。「シリーズ史上最も走った」と織田が明かし、何日も掛けて撮影された自転車&全力疾走シーンもあり、何かがあわただしく起きていることが明確に。公開が待ちきれない。(編集部・小松芙未)

映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』は9月7日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]