「日本の方々に韓日の本当の歴史を伝えたい」小宮悦子がナレーションを担当 日韓共同製作『李藝(イ・イエ)』製作決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ナビゲーターを務めるユン・テヨン

 日韓共同製作のドキュメンタリー映画『李藝(イ・イエ)』が、6月にクランクインすることが明らかになった。西日本を撮影地に、テレビドラマ「太王四神記」ではペ・ヨンジュンの敵を演じたユン・テヨンがナビゲーターとして出演。ナレーションはキャスターの小宮悦子が担当する。

 外交官・李藝(イ・イエ)が礎を築いたという朝鮮通信使の旅した行路を、日本語を猛勉強中のテヨンが瀬戸内海を経て京都までたどり、各地に残る知られざる朝鮮文化を探訪するという本ドキュメンタリー。

 本作によると、少年時代に母を倭寇に拉致された李藝(イ・イエ)は日本と朝鮮をつなぐ外交官になり、71歳までに40 数回も生死をかけた船旅で来日。倭寇に拉致された朝鮮人667名を連れ戻しただけでなく、日本の水軍技法、商店街の仕組み、砲術、船舶の製造方法などを朝鮮に伝えたという。

[PR]

 原案を読んだテヨンは「この本を読んで、わたしの中にあるすべての思いが変わった。韓国国民として、自分が国のために何ができるか、考えたことはあるか? 自分のために生きていくだけで精一杯の現代で、一介の俳優にすぎないわたしが、韓日のために何ができるのか……」と考えたのだとか。

 また、喜んで本作の出演依頼を受けたといい「今、韓国に大きな関心を寄せてくれている日本の方々に、韓日の本当の歴史を伝えたい。これこそ、韓日交流のために今自分ができることだと信じて……」とコメントしている。(編集部・市川遥)

映画『李藝(イ・イエ)』は今冬公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]