英国の人気者くまのパディントン『ハリポタ』シリーズのプロデューサー製作で実写映画に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パディントン・ベアも映画に! どんな活躍が見られる? - Gareth Cattermole / Getty Images

 イギリス生まれの人気キャラクター、パディントン・ベアが『ハリー・ポッター』シリーズのプロデューサーの製作により映画化されると、デッドラインなどが報じた。

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』場面写真

 くまのパディントンは、イギリスの作家マイケル・ボンドが1958年に発表した児童文学「くまのパディントン」シリーズに登場するキャラクター。ロンドンのパディントン駅でブラウン夫妻が出会った、正義感が強く紳士的なクマで、夫妻に拾われ共に暮らすことになる。

[PR]

 ぼうしがトレードマークのパディントンの活躍を描いた原作は、出版後大変な人気となり、多くの続編が発売された。シリーズは全世界で3,000万部以上発行されているという。映像化に関しては、日本でも放映されたアニメーションシリーズやパペットアニメがあるが、今回の映画化では、CGを使用した実写作品になるという。

 同サイトによると、製作を務めるのは、『ハリー・ポッター』シリーズのプロデューサーでもあるデヴィッド・ハイマン。大成功となった人気児童文学の映画シリーズを手掛けた実績があるだけに、本作の出来にも期待が持てる。イギリスの人気コメディードラマ「マイティ・ブーシュ」「マットとデヴィッド ボクたち空港なう。」を演出するポール・キングがメガホンを取る。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]