三浦春馬、なりすましが出没…SNSの普及でファンとの交流にも変化?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オフィシャルサイトになりすましの注意文が掲載された三浦春馬 - ChinaFotoPress / Getty Images

 俳優の三浦春馬のなりすましアカウントがツイッターやFacebookなどに出没していると、三浦のオフィシャルサイトで注意を呼び掛けている。過去には同様の注意をAKB48メンバーなどがしたこともあり、SNSの普及でファンとの距離が縮まった一方で、さまざまな問題が噴出しているようだ。

 三浦のオフィシャルサイトには、13日付でなりすましアカウントが出没していることを知らせる文章が掲載された。ブログやツイッター、Facebookなどで検索すると、確かに三浦の名前を名乗るアカウントがヒットする。こういったなりすましについては、昨年AKB48がオフィシャルサイトで異例の注意勧告を行ったことも話題になったが、事態は収まるどころかますます深刻になっていることがうかがえる。

 また、なりすましではない、本人とファンとの交流にも悩みは尽きない。14日には元モーニング娘。の久住小春がオフィシャルブログで「Blogに異常なほど意味わからないことをコメントしてきたり、なうしてきたり、自分のBlogで私のことで嘘のことを書いてる方がいるみたいです。迷惑なのでやめてください(>_<)」とお願い。一部のマナーを守らないファンにはほとほと困り果てている様子だ。

 中には、ブログのコメント欄に誹謗(ひぼう)中傷が殺到する、いわゆる「炎上」を避けるため、あらかじめコメントを承認制にしたり、コメント欄をオープンにしていない芸能人も多い。ツイッターでも、芸能人のファンへの対応が称賛や批判の対象になる現在だけに、今後も芸能人はファンとの交流方法を模索していく必要がありそうだ。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]