カルト的人気のSFアクション映画『ハイランダー/悪魔の戦士』のリメイク作品で、主演候補にライアン・レイノルズ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リメイク版ハイランダー候補のライアン・レイノルズ

 1986年に制作され、今でもカルト的人気を誇るSFアクション映画『ハイランダー/悪魔の戦士』のリメイク作品で、主演にライアン・レイノルズが出演交渉に入ったことがIndiewire.comによって明らかになった。

アニメ版もありました! 映画『HIGHLANDER ハイランダー ‐ディレクターズカット版‐』場面写真

 これは、映画『トワイライト』シリーズをヒットさせて勢いに乗るサミット・エンターテインメントが企画しているリメイク作品で、監督は映画『28週後…』のファン・カルロス・フレスナディージョがメガホンを取り、脚本は『トワイライト』シリーズのメリッサ・ローゼンバーグが一時期執筆していたが、後に映画『アイアンマン』のアート・マーカムマット・ハロウェイが改稿している。そして今回新たに、映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』や『グリーン・ランタン』などでアクションをこなしてきたライアン・レイノルズが、主演候補に挙げられたようだ。

[PR]

 オリジナル作品は、中世の時代から首をはねられない限り死なない不死の一族として戦い続けてきたコナー・“ハイランダー”・マクラウドが、師と仲間を倒した相手と、現代のニューヨークで戦うという作品で、クリストファー・ランバートショーン・コネリーが共演していた。

 ライアン・レイノルズは、クリストファー・ランバートのようなミステリアスなイメージを受けないが、スター性では適した選択なのかもしれない。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]