ウォルト・ディズニー・スタジオの新CEOにアラン・ホーン氏が就任!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新CEOに就任したアラン・ホーン氏 - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 米ウォルト・ディズニーの実写映画を担当するウォルト・ディズニー・スタジオの会長兼最高責任者(CEO)に、テレビと映画界の重鎮であるアラン・ホーン氏が就任するとABCニュースや複数のメディアが報じた。

アラン・ホーン氏が手掛けた映画『ダークナイト』写真ギャラリー

 ホーン氏は20世紀フォックスの重役を経て、数多くの話題作を提供してきたキャッスル・ロック・エンターテインメントを共同設立し、その後ワーナー・ブラザーズのもとで最高執行責任者(COO)として、ハリウッド大作『ハリー・ポッター』シリーズ、『ダークナイト』、そしてアカデミー賞受賞作品に輝いた『ディパーテッド』や『ミリオンダラー・ベイビー』などを手掛けてきた。

[PR]

 ホーン氏は同スタジオの前最高責任者であったリッチ・ロス氏を引き継ぐことになり、彼はディズニーの実写部門だけでなく、アニメーションにもかかわり、さらにディズニーと配給契約をしているドリームワークスにも携わることで、彼の判断が映画界に大きな影響を及ぼすことになる。

 ディズニー・スタジオのもとで、ホーン氏はこれからどのような指揮を取っていくのだろうか? (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]