津川雅彦、早く死ぬほうを選ぶことが「男の花道」!叔父が手掛けた名作映画の舞台版を演出!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
がっちり手を組む、中村梅雀、マキノ雅彦(津川雅彦)監督、中村福助

 11日、舞台「男の花道」の稽古場会見が行われ、演出のマキノ雅彦(津川雅彦)、中村福助中村梅雀尾上松也風間俊介一色采子風花舞真由子森本健介春田純一、脚本の齋藤雅文が出席しそれぞれ意気込みを語った。

舞台「男の花道」の稽古場会見フォトギャラリー

 「男の花道」は、これまで講談や映画、舞台の題材に幾度となく取り上げられ、友情物語の代名詞と呼ばれる作品。失明の危機を隠しながら舞台に立ち続けた名優・加賀屋歌右衛門(中村福助)と、その眼病を困難な大手術で治した名医・土生玄碩(中村梅雀)がそれぞれの信念を貫く生き様と、互いの深い友情を描く。1941年の映画版の監督を務めたマキノ雅広(マキノ正博)のおいである津川が演出を手掛け、音楽を宇崎竜童が担当している。

[PR]

 今回、マキノ雅彦として演出を手掛ける津川は「マキノ雅広さんがおやりになった映画という縁があって、今回ご指名いただいたと思っています。脚本が素晴らしく、福助ちゃんと梅雀ちゃんが演じるすてきなキャラクターの男の友情を描いた作品。とは言っても、今回の作品で展開するのは平成の男の友情で、古さを感じさせない面白い友情関係が成立している。楽しい舞台をみなさんにお見せすることができると思います」と自信をのぞかせた。

 一方、歌舞伎以外の舞台への出演は、今回が初となる中村福助は「最高のスタッフ、出演者の方に恵まれて幸せです。常日ごろからかわいがっていただいているマキノ(津川)監督とお仕事できることが楽しみ。(共演の)梅雀さんと友情が結びあえたらいいなと。必ず、ワクワクするような舞台になります」と満面の笑みで抱負を語った。

 質疑応答では、「自身が考える『男の花道』とは?」という質問が出た際、困惑しながらたどたどしく答える男性陣が多い中で、津川は「僕にとって男の花道は、来た道ではなく、行く道で、選ぶ道。(道を)選ぶときに、早く死ぬ方を選ぶことが、男の花道だと僕は思っています」ときっぱり語り周囲を圧倒していた。(古河優)

舞台「男の花道」は7月1日~5日に大阪・新歌舞伎座 7月7日~8日に岐阜・羽島市文化センター 7月12日~26日に東京・ル テアトル銀座 by PARCOで上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]