ジョージ・クルーニー、新作メガホンはキューバ革命に関わったアメリカ人の映画!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
監督としても評価が高いジョージ・クルーニー

 映画『シリアナ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞し、その後も映画『フィクサー』や『ファミリー・ツリー』など数々の秀作に出演しているジョージ・クルーニーが、新作『ザ・ヤンキー・コマンダンテ(原題) / The Yankee Commnadante』でメガホンを取ることが、Deadline.comや複数のメディアが伝えたことで明らかになった。

ジョージ・クルーニーが監督・製作・脚色・出演!! 映画『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』写真ギャラリー

 これは、フォーカス・フィーチャーズが企画している作品で、製作はジョージ・クルーニーと、彼の制作会社スモークハウスのパートナーで映画『グッドナイト&グッドラック』の脚本や、映画『ヤギと男と男と壁と』で監督を務めたグラント・ヘスロヴとタッグを組んでプロデュースすることになっている。さらに、ジョージ・クルーニー自らがメガホンも取ることになっている。

[PR]

 同作は、ニューヨーカー誌に掲載された記者デヴィッド・グランの記事を基に映画化する作品で、キューバ革命に参加したウィリアム・アレクサンダー・モーガンがバティスタ政権を打倒するために、フィデル・カストロとともにキューバ革命軍に参加し戦うが、彼がアメリカ人であったため、この革命に関わる動機が疑われて投獄され、その後射殺されたことが記されていた。

 これまで、『グッドナイト&グッドラック』、『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』などで監督としても高い評価を受けてきたジョージ・クルーニーだけに、今作も期待できる作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]