ケイト・ウィンスレット、エリザベス女王からCBE勲章を授与される

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大英帝国勲章を授与されたケイト・ウィンスレット

 イギリスで、エリザベス女王戴冠60周年の「ダイヤモンド・ジュビリー」が祝われるなか、ケイト・ウィンスレットが国への貢献を称えられ大英帝国勲章を授与された。

ケイト・ウィンスレットが美しい『タイタニック』写真ギャラリー

 イギリス政府が正式に発表したエリザベス女王の誕生日叙勲リストによると、ケイトは舞台芸術への貢献が認められ、大英帝国勲章の第三位にあたるCBE(大英帝国勲章司令官)を受勲。また、ケネス・ブラナー監督も、生まれ故郷である北アイルランドへの貢献が評価され、より高位にあたるナイトを受勲した。

[PR]

 英デイリー・エクスプレス紙などによると、ケイトは「母国のために素晴らしい貢献をした人々と並んでこの名誉を受けることに驚いており、そしてとても誇りに思います。イギリス人であることを誇りに感じます」と喜びを語っている。

 これまでにCBEは、歌手のエルトン・ジョンリアム・ギャラガー、映画『ハリー・ポッター』シリーズの原作者、J・K・ローリングなどが受勲しており、ナイトではイアン・マッケランアンソニー・ホプキンスロジャー・ムーアなどが受勲している。(竹内エミコ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]