ナオミ・ワッツ演じるダイアナ妃の写真が公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
本人そっくり!?ダイアナ妃を演じるナオミ・ワッツ - Splash/アフロ

 映画『マルホランド・ドライブ』や『21グラム』などの秀作から、映画『キング・コング』や『J・エドガー』などの大作までこなしてきた英国生まれでオーストラリア出身の女優ナオミ・ワッツが、ダイアナ元妃を演じる作品『コート・イン・フライト(原題) / Caught in Flight』の写真が公開されたようだ。

ナオミ・ワッツ出演の社会派サスペンス! 映画『ザ・バンク 堕ちた巨像』写真ギャラリー

 これは、イギリスの制作会社エコッセ・フィルムズが制作している映画作品で、監督は映画『ヒトラー ~最期の12日間~』のオリヴァー・ヒルシュビーゲルがメガホンを取り、脚本は映画『リバティーン』のスティーヴン・ジェフリーズが執筆している。主役であるダイアナ元妃をナオミ・ワッツが演じていて、この度そのダイアナ元妃に挑戦している彼女の写真が初めて公開されたようだ。

[PR]

 富豪の息子ドディ・アルファイドと交際していたことが世間に知られているが、当時心臓外科医のハスナト・カーンとも恋愛関係にあったとされていて、今作ではその彼との恋愛を描きながら、国際的に人道活動に従事するダイアナ元妃の姿が描かれているそうだ。

 今回の役でナオミ・ワッツは、ダイアナ元妃に関する文献資料をかなり読んだそうで、この写真を通して理解できるルックスだけでなく、キャラクターについても深く追求しているようで、楽しみな作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]