実の娘と共演!アンディ・マクダウェル『マザーズ・デイ』で!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
自身の娘たちと共演へ!アンディ・マクダウェルとスーザン・サランドン - Tony Barson / FilmMagic / Jason Merritt / Getty Images

 映画『フォー・ウェディング』のアンディ・マクダウェルが実の娘のレイニー・クアリーと映画『マザーズ・デイ(原題) / Mother's Day』で共演することになったことがDeadline.comによって明らかになった。

 アンディ・マクダウェルの娘レイニー・クアリーは今年、映画『マイティー・ファイン(原題) / Mighty Fine』でデビューしたばかりの23歳。今年のゴールデン・グローブ賞で「ミス・ゴールデングローブ」に選ばれている。またデビュー作でも母娘共演も果たしている。
 
 ストーリーはある年の母の日の12組の母と娘の関係を描く群像劇とのことで、英国のコメディ「ロブの『この年、オレ年』」のポール・ダドリッジが脚本を書き、メガホンも取る。

 ほかの出演者では、先にスーザン・サランドンと娘のエヴァ・アムリ・マルティノが母娘役で出演することが決定している。

 母親からその美貌だけでなく演技の才能のDNAもしっかり受け継いでいる娘たち、さぞかしアンディもスーザンも鼻が高いだろう。どのような母娘関係が描かれるのか楽しみな作品だ。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]