山田五十鈴さん死去に海外メディアもコメント「サイレント映画のスターが亡くなった」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
山田五十鈴さん - 写真:読売新聞/アフロ

 女優・山田五十鈴さんが9日に95歳で死去したことを受け、国内のみならず海外メディアもその訃報を伝えている。

 Varietyはいち早くその死を報道。「日本のサイレント映画のスターが亡くなった」と題された訃報記事で、山田さんを「日本映画黄金時代の偉大な監督たちと仕事をした女優」と紹介。伊藤大輔監督、伊丹万作監督などの名前が挙がる中で、1936年の溝口健二監督作『浪華悲歌』『祇園の姉妹』を山田さんの出世作として取り上げている。

 同記事では、戦中・戦後の輝かしいキャリアはもちろんのこと、日本映画界の興行収入が落ち込み出した1960年代、山田さんが見事テレビや舞台に活躍の場を移したことにも言及。その偉大な功績を振り返った。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]