リドリー・スコット監督、『シンドラーのリスト』の脚本家スティーヴン・ザイリアンとタッグしてパニック映画を製作!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スティーヴン・ザイリアンとタッグを組むリドリー・スコット監督 - Fotos International / Getty Images

 映画『グラディエーター』や『プロメテウス』などでおなじみのリドリー・スコット監督が、映画『シンドラーのリスト』や『ドラゴン・タトゥーの女』の脚本家スティーヴン・ザイリアンとタッグを組むことがHollywood Reporterと複数のメディアが伝えたことで明らかになった。

リドリー・スコットとスティーヴン・ザイリアンのタッグ作! 映画『アメリカン・ギャングスター』フォトギャラリー

 これは、リドリー・スコットの制作会社スコット・フリーとフィルム・ライツが、配給会社20世紀フォックスのもと企画している作品で、2003年にBBCによって製作されたTV映画「ザ・デイ・ブリテン・ストップト(原題) / The Day Britain Stopped」をもとに長編作品を手掛ける予定の作品で、電車のストライキや航空機の衝突などの出来事が、国の交通システムを崩壊させていくというパニック映画だ。

[PR]

 ただ、今回の長編作はオリジナルの作品からインスピレーションを受け、より大きなスケールで製作するようで、リメイク作品ではないようだ。

 今のところ、リドリー・スコットとスティーヴン・ザイリアンは製作を担当し、新たに脚本家を探している状態にあるようだ。秀作をこれまで数多く手掛けてきたこの二人が、どのようなパニック映画を製作するか楽しみだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]