美少女・橋本愛、大物ぶりを発揮!先輩・加藤あいに見事な切り返し!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
見事な切り返しで会場を盛り上げた橋本愛

 4日、映画『アナザー Another』初日舞台あいさつが、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、女優の橋本愛加藤あいのダブル“あい”が浴衣姿で登場した。この日はほかに、主演を務めた山崎賢人袴田吉彦古澤健監督も出席した。

映画『アナザー Another』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 赤い浴衣姿で登場した橋本は「(これまで映画公開の)実感がわかなかったのですが、(舞台あいさつに駆けつけた)目の前の人たちの威圧感に圧倒されています」と目を丸くして語り、この日の浴衣については「自分で持っている浴衣と似ているのでうれしいですね」と笑顔であいさつ。

[PR]

 そんな橋本に、ブルーの浴衣で登壇した加藤は「(橋本演じる)鳴ちゃんは前半、人なのかわからなかったから存在自体が怖かったし、(橋本の演技も)怖かったです」と感想を述べる。さらに「愛ちゃんは話すとホンワカしていてユニークだけど、口を閉じていると美少女なお化けみたいだよね」と発言。そんな加藤のコメントに橋本は「わたし、ホラー顔ですからね」と応え、見事な切り返しを見せた。

 また、ロンドンオリンピックで女子バドミントンダブルスの藤井瑞希垣岩令佳ペアが決勝戦に進出したことが伝えられると、バドミントン経験者の橋本は「頑張ってほしいです」と熱いエール。司会者から「藤井選手は橋本さんと同じ熊本出身で、5日が誕生日。ぜひ金メダルを取ってほしいですよね」と言われると、「誕生日じゃなくても金メダルは取ってほしいですけどね」と絶妙な間で返答し、場内からはこの日一番の歓声が上がった。

 本作は、ベストセラー作家・綾辻行人の同名小説を映画化。山崎賢人演じる榊原恒一が、橋本愛演じる見崎鳴に出会ったことによって、恐ろしい体験をするさまを描いた学園ホラー。(磯部正和)

映画『アナザー Another』は全国東宝系にて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]