母親用ポルノ小説がハリポタ越え!イギリス版Amazonで最も売れた小説に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
驚異のハリポタ越え! - 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の著者E・L・ジェームズ - Gilbert Carrasquillo / Getty Images

 映画化も進んでいる主婦向けの官能小説3部作「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(原題) / Fifty Shades of Grey」が、「ハリー・ポッター」シリーズ全7巻の総売り上げ部数を抜いてAmazon.co.ukで最も売れた本になったことがわかった。Mail Onlineなど複数メディアが報じている。

映画版の主役候補はエマ? エマ・ワトソン出演映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』フォトギャラリー

 アマゾン・キンドルのゴードン・ウィロビー氏は「(「ハリー・ポッター」シリーズの)J・K・ローリングが過去10年の文学的ブームでした。次の10年はE・L・ジェームズ(「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の著者)の時代になるでしょう」との声明を発表。

[PR]

 「たった4か月で、ジェームズはAmazon.co.ukで最も本を売り上げた作家になりました。われわれが14年間本を売り続けてきたことを考えれば、これは驚異的なことでしょう」と続けている。

 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(原題) / Fifty Shades of Grey」は、裕福なビジネスマンのクリスチャン・グレイによって、女子大生のアナスタシア・スティールがめくるめく官能の世界に引き込まれていくさまを描いた“母親用のポルノ”と称されている作品。映画化権をユニバーサル・ピクチャーズとフォーカス・フィーチャーズが獲得しており、キャストにはアンジェリーナ・ジョリーエマ・ワトソンクリス・パインなどの名前が挙がっている。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]