「ホワイトカラー」マット・ボマー、同性愛パートナーとリスペクト・アワード受賞!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真はエイズ関連の活動の功績を認められ、受賞スピーチでゲイであることをカミングアウトしたときのもの - Jerod Harris / WireImage / Getty Images

 GLSEN(ゲイ、レズビアン、ストレート、教育ネットワーク)が、テレビドラマ「ホワイトカラー」のマット・ボマーと彼のパートナーであるサイモン・ホールズにインスピレーション・アワードを授与することを発表した。

マット・ボマー出演 映画『テキサス・チェーンソー ビギニング』写真ギャラリー

 インスピレーション・アワードはGLSENが主催するリスペクト・アワードの一つ。「どの子どももすべての人を尊重し、受け入れる世界を作るために大きく貢献している二人を誇りに思い、賞を授与します」とGLSENの会長はコメントを出している。E!Onlineによると、リスペクト・アワードは、多様性や一体性、安全な学校環境の構築、称賛すべき手本となった個人、学生、教育者や企業などの活動を紹介するために設けられた賞とのこと。

[PR]

 以前から同性愛者とのうわさがあったマットは、今年2月にエイズ関連の活動の功績を認められ賞を受賞。サイモンがパートナーであることを受賞スピーチに含め、ゲイであることを公の場で初めて認めた。その後、映画『マジック・マイク(原題) / Magic Mike』のインタビューでは、何が平等かという考え方を変えなければならないとE!Onlineに語っている。

 「我々は職業の前に形容詞をつけることを辞めなければならない。『黒人俳優』『ゲイ俳優』など、すべてだ。人はそれぞれの人間がどんな人であるかを識別することによって平等をもたらすことができると考えるけど、それは違う。それぞれがどんな人であろうと同じに接することから平等は生まれるんだ」とコメントしている。GLSENリスペクト・アワードの授賞式は10月にロサンゼルスで開催される。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]