AKB48前田敦子、最後のMステは涙で歌えず…謝罪「ちゃんと歌の詩を皆さんにつたえたかった」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
涙のMステ出演を謝罪した前田敦子

 前田敦子がAKB48として最後の出演となった17日の音楽番組「ミュージックステーション」をブログで振り返り、最後、涙で歌えなかったことを謝罪した。

 同日のスペシャルメドレーを締めくくったのは、卒業する前田を送る新曲「夢の河」。その歌唱中に感極まった前田は、声が詰まってしまい満足に歌えず、「ちゃんと歌を歌の詩を皆さんにつたえたかったんです…(T.T) 本当にごめんなさい」と放送後に更新したブログでファンに謝罪した。

 今月27日に卒業する前田にとっては、これがAKB48として最後の同番組出演。とりわけ、同番組はAKB48が初めて出演した音楽番組ということもあって思い入れも深い。この日のスペシャルメドレーの冒頭では笑顔を浮かべていた前田だったが、途中挟まれたMCから涙が堪えきれない様子を見せていた。

 ブログで前田は、来週末に東京ドーム公演が控えていることに触れ、「ドームでは しっかり」としながらも「私にはやっぱり無理かも…( ; _ ; )笑」とつづっている。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]