スティーヴン・キング原作の「ザ・ダーク・タワー」製作中止!ワーナー・ブラザーズが決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
自身のライフワークと称するベストセラーの映画化が中止に - スティーヴン・キング - Larry French / Getty Images

 以前より製作の可否が論じられていたスティーヴン・キングのベストセラー「ザ・ダーク・タワー」映画版の製作中止をワーナー・ブラザーズが決定したことが、Varietyにより明らかになった。

リメイク版の公開が決定!スティーヴン・キング原作 映画『キャリー』写真ギャラリー

 「ザ・ダーク・タワー」シリーズは、キング自身ライフワークと称する作品で、アメリカの西部開拓時代を思わせる荒廃した世界を舞台に、「最後のガンスリンガー」であるローランド・デスチェインと仲間たちの壮大な旅を描く作品で、1982年の第一巻発刊以来現在までに8冊(日本では7冊)が刊行されているベストセラー・シリーズである。

[PR]

 監督のロン・ハワードとプロデューサーのブライアン・グレイザーアキヴァ・ゴールズマンの脚本、主人公のガンマン、ローランド・デスチェインにラッセル・クロウを考えており、その企画をもってワーナー・ブラザーズに製作を打診していた。

 本作は以前にも製作予算が折り合わず、ユニバーサル・ピクチャーズとNBCユニバーサルテレビが企画をパスした経緯があり、今回も製作予算の問題でゴーサインが出されなかった模様。ワーナー・ブラザーズは公式コメントを避けている。

 ずっと映画化を待ち望んでいるファンにとって、大変残念なニュースが入ってきたものだ。もう手を上げるスタジオはないだろうか。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]