谷原章介がナレーション!料理家・辰巳芳子のドキュメンタリー映画が11月公開へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』メインビジュアル - (C)天のしずく製作委員会

 俳優の谷原章介が、11月3日に公開されるドキュメンタリー映画『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』でナレーションを務めることが明らかになった。本作は、谷原が敬愛する料理家・作家の辰巳芳子を題材にしており、そうした縁から今回のオファーを快諾したのだという。

 谷原にとって、劇場公開のドキュメンタリー作品で初めてナレーションを務めることになる本作はタイトルの通り、辰巳芳子の願いが凝縮したスープの物語。脳梗塞をきっかけに食事を楽しむことができなくなった父親のエピソードなどと絡めながら、日本の自然を食の風景として描いている。

 谷原のナレーション、そして草笛光子の朗読と共に語られる辰巳の半生から見えてくるのは、「生きるということは食べ続けることである」という真理。食を題材にしたドキュメンタリーは数あれど、これまでとはまったく違う観点から、人の生と切っても切れない「食」をテーマに紡ぎ上げた作品となっている。

[PR]

 監督・脚本を務めるのは、NHK在籍40年間でNHK特集「シルクロード」など、多くのドキュメンタリー作品を手掛け、本作が劇場監督デビュー作となる河邑厚徳。国内外から高い評価を得ている河邑監督にとっても新境地をひらく作品だ。(編集部・福田麗)

映画『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』は11月3日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]