まゆゆ、センター奪取に気合!じゃんけん大会でリベンジ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
じゃんけんが弱いとこぼしたAKB48渡辺麻友

 AKB48の「まゆゆ」こと渡辺麻友が11日、都内スタジオで声優と主題歌を務める映画『ねらわれた学園』の公開アフレコに登場し、18日に行われる「AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会」に向けて「センターを勝ち取りたい」と気合を入れた。

渡辺麻友、公開アフレコに初挑戦!イベントフォトギャラリー

 同大会にシード枠で出場する渡辺は、「じゃんけんが弱くて今まで一回も選抜入りしたことがないので、今度こそ選抜に入って、センターを勝ち取りたい」と意気込みを明かし、「この作品みたいに超能力が使えたらな」とニッコリほほ笑んだ。

[PR]

 渡辺は本作で主人公・涼浦ナツキの声優を務め、アニメ映画初出演にして初主演、さらに主題歌も担当しているのだが、取材陣の多さから8回に分けて行われた公開アフレコでは「このヘンタイ!」「エロい!」という大胆なセリフも連呼。「人前でアフレコをするのは初めてだし、カメラがこっち向いているので緊張しました」とドキドキの表情。また、「『エロい』とか普段はあまり使わない言葉なのに、今日はなぜかそういうところが抜粋されていてびっくりしました」とはにかんだ。

 AKB48きってのアニメ好きとして知られている渡辺だけに、アニメ映画声優初主演には「すごくうれしくて、移動中に台本を読んだり、お母さんに練習相手になってもらったり、わたしは運動が苦手だけど(演じる)ナツキちゃんが運動神経抜群な女の子なので、アフレコ中は元気いっぱいに頑張っています」と大張り切り。「今度は男の子の役にも挑戦してみたい」と更なる声優業への意気込みも明かした。

 本作はこれまで薬師丸ひろ子原田知世主演で実写映画化されてきた眉村卓の人気小説「ねらわれた学園」の初アニメーション映画化作品。舞台を現代の中学校に置き換えて描かれる、新たなアレンジに注目だ。(取材・文:中村好伸)

映画『ねらわれた学園』は11月10日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]