ジャスティン・ビーバー、午前3時に近所迷惑のジャムセッション

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
夜中の3時にジャムセッションしちゃったよ! - ジャスティン・ビーバー

 ジャスティン・ビーバーがロンドンで午前3時に大音量でジャムセッションを楽しみ、近所に迷惑をかけたという。

 ジャスティンはボーイズ・バンド“ワン・ダイレクション”のナイル・ホーランのロンドンのアパートに遊びに行って盛り上がったとのこと。「この間、ナイルの家に行っんだけど、すごく楽しかったよ。近所の人を怒らせちゃったけどね。午前3時にちょっとしたジャムセッションを始めたんだ。でも彼はアパートに住んでいるから、大音量が階下の人に響いたみたいで、突然『バン、バン、バン』って男の人がドアを叩いて『静かにしろ!』って怒鳴ったんだ。クレイジーだったよ」とジャスティンはコメントしている。

 18歳のジャスティンは午前3時に大騒ぎをしたりする一方、静かにチェスを楽しむのも好きだという。「僕のチェスの腕がなかなかだということを知らない人が多いんだ。学校でもチェス・クラブに入っていた。スピードの速いチェスじゃなくて、じっくりと考えながら、ゆっくりとプレイするチェスが好きなんだ」とMetro紙に語っている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]