下積み16年のバイト生活!キングオブコント2012王者のバイきんぐ、賞金1,000万円を勝ち取り感涙!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日本一の座と賞金1,000万円を勝ち取ったバイきんぐ(小峠英二・西村瑞樹)

 お笑いコンビのバイきんぐ(小峠英二西村瑞樹)が「コント日本一」を決めるバラエティ番組「キングオブコント2012」で5代目王者の称号を手にし、22日の生放送後に赤坂のTBSで記者会見を開いた。苦節16年、害虫駆除のバイトを続けながらコント日本一の座と賞金1,000万円を勝ち取った苦労を涙ながらに明かした。

 小峠の魂のツッコミでぶっちぎり最高の1941点を獲得し優勝したバイきんぐ。司会のダウンタウン松本からは「はじけたね」と連呼され大絶賛されていた。その後の記者会見には興奮冷めやらぬステージ衣装そのままの格好であらわれ喜びを述べた。

 「今日の朝6時まで害虫駆除のバイトをしていた」と明かした小峠は、優勝の喜びを今一番伝えたいのは「バイトの仲間。本当は朝7時までの勤務だったが『さすがに今日は』ということで早めに帰してくれたんです」と詰めかけた報道陣の前でバイト仲間に感謝を述べた。芸人としては1か月の最高ギャラは4万円という彼らは週5のアルバイトなどで食いつなぎ今回の優勝にこぎつけたという。ちなみに時給1,100円の小峠は「せっかくこないだ50円上がったんでもったいないかもしれない」とバイトが減るかもしれないことに危惧しながらも、賞金1,000万円の使い道は「単車を買います。あと芸人7人を外国旅行に連れて行くことになってます」とようやくつかんだ栄光をかみしめていた。

 また16年間下積みを続けてこられたのは「お笑いが好きの1点です」と目頭を熱くさせ会場を感動させていたが「優勝しても何の保証もないので露出を増やしていきます」と冷静に今後の展望を述べた。苦労が認められて本当によかったと同情すらおぼえてしまうバイきんぐの今後の展開が楽しみだ。(取材・文:池田敬輔)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]