川島海荷、オリラジ藤森のギャップにドキッ!? チャラ男の紳士的な素顔分析

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
チャラ男の紳士な素顔にメロメロ?川島海荷

 26日、3Dアニメーション映画『モンスター・ホテル』のジャパンプレミアが新宿ピカデリーで行われ、日本語版声優を務める女優の川島海荷が、共演した藤森慎吾オリエンタルラジオ)の意外な素顔を明かした。この日は、同じく声優を務めたクリス松村も登壇した。

映画『モンスター・ホテル』ジャパンプレミアギャラリー

 川島、藤森、松村という個性豊かな3人が日本語声優を務める本作だが、松村の収録は別に行われたため、3人そろうのはこの日が初めて。舞台あいさつ前には、初めてとは思いえないほど和気あいあいだったといい、川島は「二人ともいろんな話しをしてくれて楽しかったです」とにっこり。

[PR]

 また藤森には、女性としてひかれる部分もあったという川島は「テレビで見ているときはチャラいと思っていたけど、実際は紳士的で優しくて、でもそこにチャラさが隠れているのかな。そういうギャップに女性がひかれると思う」と照れ笑い。それを受けた藤森は「ある程度(チャラ男は)キャラクターっすから」とあっけらかんと話した。

 声優挑戦について川島は、まさか自分にオファーが来るとは思っていなかったといい、「声優のお仕事はほとんど未経験なので、オファーが来たときはびっくりしました。最初は右も左もわからなかったけど、だんだんとキャラもわかってきました。(自身の演じた)メイヴィスの恋模様をぜひ観てください」と心を込めてアピール。

 藤森と松村の二人も声優はほぼ未経験ながらも奮闘し、藤森は「チャラ男のキャラクターで、僕が普段言っている『君、かわうぃーね』とかのセリフは楽だったけど、最後にある大事なシーンでは、マジメに演技するのに苦労しました」とコメント。干し首モンスターを演じた松村も「オネエでないとできそうもない、男性から女性へのグラデーションをうまく表現しました」と見どころを語った。

 本作は、モンスター御用達のホテルに迷い着いた人間の男の子ジョニー(藤森)が、オーナーで親バカなドラキュラの娘メイヴィス(川島)と恋に落ちたことで起こる大騒動を描いたファンタジーアニメ。(取材・文:中村好伸)

映画『モンスター・ホテル』は9月29日より新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]