イナズマン&ポワトリン、冬のライダー映画に登場決定!サナギマンも復活し映画初出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イナズマン&ポワトリン、サナギマンがキター!往年のヒーローが復活! - 「ウィザード&フォーゼ」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 東映特撮シリーズのヒーローとして根強いファンを持つ「イナズマン」と「サナギマン」そして「美少女仮面ポワトリン」が、映画『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』に登場することがわかった。ポワトリンは22年ぶりの復活、サナギマンは38年ぶりの登場で映画初出演となる。

映画『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』復活ヒーローギャラリー

 1973年から放送された「イナズマン」は、正義の超能力者・渡五郎がイナズマンとなり、人類を絶滅させようとする侵略者に戦いを挑む姿を描く作品。イナズマンは昨年『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』に登場したが、サナギマンは映画初出演。1974年の「イナズマンF(フラッシュ)」以来の復活になるという。

[PR]

 一方の「美少女仮面ポワトリン」は、「魔法少女ちゅうかなぱいぱい!」「有言実行三姉妹(シスターズ)シュシュトリアン」といった、東映不思議コメディーシリーズの代表作。ひょんなことから魔法を駆使して戦うスーパーヒロイン・ポワトリンとなった女子高生の活躍を描き、数々の決めセリフやシュールな設定で人気を博した。両作品とも原作は石ノ森章太郎

 今回で4作目となる「MOVIE大戦」シリーズは、異なるライダーたちの物語がクライマックスで一つになる構成が特徴。本作では「仮面ライダーフォーゼ」終了から5年後が舞台となり、フォーゼこと如月弦太朗が教師として生徒たちと向き合う姿を描く。劇中に登場する超能力を駆使する問題児たちのリーダーを『釣りキチ三平』の須賀健太が演じ、サナギマンとしてフォーゼと敵対。一方のポワトリンは入来茉里が演じ、同じく魔法を駆使する「仮面ライダーウィザード」と共演する。

 1980年代を代表するヒーロー「宇宙刑事ギャバン」初の劇場版『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』が製作されるなど、次々と復活を遂げる東映ヒーローたち。ポワトリンを起用した宇都宮プロデューサーは「本作をきっかけに、魔法を使って戦う女の子向けの特撮ヒーローの人気が高まってほしい」と語っており、今後の展開にも期待したい。(編集部・入倉功一)

映画『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』は12月8日より公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]