『ハード・キャンディ』のダーレン・スタイン、ゲイの高校生の青春を描いた映画でメガホン!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダーレン・スタイン監督 - Jean-Paul Aussenard / WireImage / Getty Images

 1999年に公開された映画『ハード・キャンディ』のダーレン・スタイン監督が、ゲイの高校生の青春を描いた映画『G.B.F.』でメガホンを取ることが明らかになった。Vatietyが報じた。

 タイトルの『G.B.F.』は、「Gay Best Friend」(「ゲイの親友」の意)の頭文字。自分たちを受け入れてもらうために、高校一の人気者の女性徒の親友になろうと奮闘する姿を描くという。

 撮影は、ロサンゼルスのサンフェルナンド・バレー、パセデナ、グレンデールなどで行われる予定で、すでに、『ハード・キャンディ』にも出演したレベッカ・ゲイハートのほか、ミーガン・ムラリーナターシャ・リオンジョナサン・シルヴァーマンホレイショ・サンズポール・アイアコノアンドレア・ボーウェンサーシャ・ピーターズ、ジョアンナ・“ジョジョ”・レヴェスクの出演が決定しているという。(編集部・島村幸恵)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]