劇団東京セレソンデラックス、12年の歴史に幕!ラストは抱腹絶倒コメディー!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「笑う巨塔」に出演する宅間孝行、芦名星、斎藤工、松本明子、デビット伊東、金田明夫

 3日、劇団東京セレソンデラックスの最後の公演となる「笑う巨塔」の公開舞台稽古が都内劇場にて行われ、出演者の宅間孝行芦名星斎藤工松本明子デビット伊東金田明夫が見どころを語った。

「笑う巨塔」公開舞台稽古&会見フォトギャラリー

 本作は、2003年に上演され好評を博した東京セレソンデラックスの代表作「HUNGRY」の再演。タイトルを「笑う巨塔」と改めた、病院の待合室を舞台に繰り広げられる、暗転なしのノンストップ・シチュエーション爆笑コメディーだ。

[PR]

 作・演出を手掛け、劇団の主宰でもある宅間が今回目指すのは「どう楽しんでもらえるかのエンターテインメント性」とのこと。「演劇というよりはエンターテインメント。やる気であふれたキャストが楽しんでいただけるものを届けます。飲食もOK! 写メもOK! 参加型のアミューズメントとして見に来てほしい!」とキャストたちのモチベーションの高さと、盛りだくさんの内容に自信をみせた。

 ラストシーンで美しいウエディングドレス姿を披露する芦名は「日々楽しいです。エネルギーを発散している舞台なので、日頃もやっとしている方、元気のない方も見ていただければ、楽しい気持ちで帰っていただけます。ぜひ遊びに来てください!」とにっこり。オーディションを受けての初参加となった斎藤も「キャストたちのエネルギーが伝わる舞台、楽しい空間を体感しに来てください!」と熱烈にアピールした。

 12年続いた東京セレソンデラックスはこれで解散。最後はコメディー作品で笑ってさようならとなる。宅間は女優・大河内奈々子との離婚にも触れ「何でも話しますよ……。子どもに会いたいですね」としみじみ語るも、「今年は、後厄なので、来年からまた新スタートを切ります」と明るく宣言していた。(福住佐知子)

舞台「笑う巨塔」は本日の東京・サンシャイン劇場公演を皮切りに、全国7都市にて上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]