草刈民代「美魔女」の秘訣はストイックな姿勢

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大胆写真集に夫・周防正行監督もびっくり!?-草刈民代

 元バレリーナで女優の草刈民代が5日、47歳にしてボンテージ衣装や緊縛姿などセクシーショットに挑戦した2nd写真集「INTRINSIC」発売記念イベントを都内で行い、「美魔女」とも言うべき美しさの秘訣(ひけつ)を明かした。

草刈民代2nd写真集「INTRINSIC」刊行記念 サイン&お渡し会フォトギャラリー

 同写真集で草刈は、ムチを持ち、女王様に扮(ふん)したボンテージ衣装から、縄に縛られたショット、ランジェリー姿などを大胆に披露。「40代になって2冊写真集を出すとは思わなかったです。これで最後になるんじゃないかな」と話した草刈は、「初めは体の一部分だけを縛っていたけど、撮っていただいているうちに、全身縛ったらどうなるんだろうということになって、体中縛ってもらいました」など、驚きのショットの撮影秘話を明かした。

[PR]

 特にファンの注目を集めるのが47歳とは思えないスレンダーなボディーだが、草刈は「こんなに裸のショットが多くなるとは思っていなかったけど、人を表現するには洋服が邪魔になってしまうこともあるので」と大胆発言。「バレエをやっていたころよりも少し脂肪がついてしまいました」と体形の変化をはじらいつつも、美しさの秘訣(ひけつ)について、「体を動かすことも大事ですが、食事では自分に合った分量を見極めることが必要です。ダイエットをするにも、何をしたら効果的なのかは自分自身じゃないとわからないから」とバレエの頂点を極めた草刈らしいコメント。

 また、夫である周防正行監督の映画『終の信託』が公開されたばかりの草刈だが、この写真集には周防監督も驚いていたことを明かし、「(夫は)ちょっと心配していたみたい」と苦笑い。しかし、出来上がった写真集を見て、「すげー」「表現がすごい」と周防監督も褒めていたことを笑顔で明かした。(取材・文:中村好伸)

写真集「INTRINSIC」(税込み:3,780円)は11月7日発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]