JKT48に移籍した高城亜樹、仲川遥香が初仕事!早くもAKB超えを宣言!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
AKB48から移籍した仲川遥香(左)と高城亜樹

 4日、AKB48カフェ&ショップ秋葉原でスペシャルカフェイベント「ジャカルタってどこ?」が行われ、高城亜樹仲川遥香がJKT48のメンバーとしての初仕事となるトークショーを行った。

JKT48に移籍した高城亜樹、仲川遥香が初仕事!! 画像ギャラリー

 11月1日付で、正式にインドネシアに拠点を置くJKT48への移籍を果たした高城、仲川の両名が、JKT48のメンバーとして参加する今回のトークショー。そのチケットをめぐって、劇場前には約1,000人のファンが朝から集合。1回目18席、2回目46席というプレミアチケットをめぐって秋葉原駅前広場は熱気に包まれた。

[PR]

 この日は、もっとジャカルタやJKT48について知ってもらいたいという思いから、アヤナ・シャハブメロディー・ヌランダニ・ラクサニレナ・ノザワシャニア・ジュニアナタという4人のメンバーも来日。この日のステージは終始笑顔で和やかなムードで進み、すでに仲川と高城たちとは気の知れた様子がうかがい知れた。

 さて、インドネシア語を使う他のメンバーたちとどれだけコミュニケーションがとれるのか、というのは気になるところだが、仲川は「今は週4くらいでレッスンに行っています。まだ文法とか会話を習っている段階で、言葉を返すことはまだできないんですけど、言ってることも少し分かるようになったし、メンバーの話す単語も分かってきています」と自信を見せる。一方の高城はまだレッスンを受けられていないようで、まだまだメンバーと会話するまでにはいっていない、と前置きしつつも、「でも逆にメンバーが日本語を勉強してくれていて。インドネシア語ではこう言うんだよと教えてくれたりして。これからいろいろ覚えていきたいなと思いました」と意気込む。

 さらにJKT48で楽しみにしていることについて聞かれた仲川は「私とあきちゃはまだメンバーと一緒にライブとかステージに立っていないので、劇場にみんなと立つのが目標。それから単独で日本でコンサートが出来るようにみんなで一緒にがんばって、インドネシアだけでなく、日本でもみんなが知っているようなグループになって、AKB48を越えたいです」とぶちまけた。

 今後の高城、仲川の劇場デビューも気になるところだが、まだ正確な日程は未定とのこと。しかし高城が「私も早く新しい動きをしたいとうずいています。早くメンバーとコミュニケーションをとりながら、いいチームにしていきたい」とコメントするなど、新天地で新たな決意を固めている様子の二人だった。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]