チャーリー・シーン、コカイン依存でリハビリ施設に2日入院も新ドラマはクビにならず

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コカインに手を出したチャーリー・シーン - Vera Anderson / WireImage / Getty Images

 麻薬の使用など、私生活のトラブルが原因でテレビドラマ「ハーパー★ボーイズ」をクビになったチャーリー・シーンだが、新ドラマ「アンガー・マネージメント(原題) / Anger Management」の主役の座は安泰のようだ。

「パーティ三昧のチャーリーが、あれほどきちんと仕事をこなせるのは不思議なくらいです。日によっては複数のエピソードを撮影することもありますが、チャーリーは毎回最高の演技を見せています。夜遊びしている彼の姿からは想像もできませんよ」と情報筋はRadar Online.comに語っている。

 薬物・アルコール依存症の治療のため、過去に5度もリハビリ施設に入院しているチャーリーは、ここ8か月ほど、またコカインに手を出していると報じられたばかり。病院で治療を受けるため、撮影を2日間休んだことも新ドラマにおける彼の座を心配するニュースが飛び交った理由だが、TMZ.comによると治療は耳の感染症のためだったという。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]