林家ペー&パー子夫妻、ダジャレ連発で「鮭の日委員会認定映画」をアピール!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サーモンピンクに包まれた林家ペー(右)&パー子夫妻

 「鮭の日」にあたる11月11日、新宿ワシントンホテル内にある釣船茶屋「ざうお」で映画『砂漠でサーモン・フィッシング』公開記念イベントが行なわれ、林家ペー&パー子夫妻がサーモンピンクのかぶりもので登場。鮭大好きを自負する二人には、鮭をまるごと1本授与され、鮭料理に舌鼓をうちながら、釣りを楽しんだり、鮭への愛、映画の感想を大いに語ったり、まさに鮭三昧の演出に終始ごきげんの様子だった。

林家ペー&パー子夫妻、ダジャレ連発で 画像ギャラリー

 本作は、イエメンの大富豪から「砂漠で鮭釣りがしたい」という依頼を受けた水産学者が国家を巻き込んで悪戦苦闘するヒューマン・ドラマ。鮭が大きなテーマであることから、鮭の日委員会から「鮭の日映画」として公式に認定され、応援に駆けつけたペー・パー夫妻も「とてもすがすがしい夢のある映画。砂漠で鮭を釣るという発想というか『ムチャブリ』が面白いですよね」と映画を絶賛した。

[PR]

 さらに、いつも少年のように若々しい夫の林家ペーに対し、妻の林家パー子は「この人、ジャニーズなんです、アハハッ!」とお約束の甲高い笑いを交えて評すると、「そうそう、この映画のようにね、いつも少年のように夢を持っていることが若さの秘訣。あとは『信念』を持つことね」とまじめに納得。その後は「おサケにごめん」「イエメンが舞台だけに出演者がイケメン」など、機関銃のようにダジャレを連発し、イベントを大いに盛り上げた。

 ラッセ・ハルストレム監督(『ギルバート・グレイプ』)&サイモン・ボーフォイ脚本(『スラムドッグ$ミリオネア』)の最強コンビが、ユアン・マクレガー主演で作り上げた『砂漠でサーモン・フィッシング』。鮭の日認定映画の名に恥じない鮭への愛、そして人生の素晴らしさを綴った名編である。(取材・文:坂田正樹)

映画『砂漠でサーモン・フィッシング』は12月8日より丸の内ピカデリー他で全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]