森光子さん死去、92歳 女優として初の国民栄誉賞受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
森光子さんご冥福をお祈りいたします-写真は2009年7月1日 国民栄誉賞受賞会見のもの - 東宝提供

 2009年に国民栄誉賞を受賞した女優の森光子さんが10日午後6時37分、肺炎による心不全のため都内病院で亡くなった。92歳。本人の希望により、本日14日にすでに家族葬を済ませたとのこと。本葬については改めて発表される。

 森さんは1920年、京都生まれ。戦前から女優・歌手として活動し、戦後はテレビ・映画・演劇などで活躍した。とりわけ、劇作家・菊田一夫さんによる舞台「放浪記」での主人公・林芙美子はライフワークともいえるハマリ役であり、これまでに2,000回以上、主演を務めた。2009年には、女優として初の国民栄誉賞を受賞している。

 おいにあたる柳田敏朗氏は、東宝を通じてコメントを発表。これまでにも栄養管理のため短期間入院することがあったといい、「この度も、この9月から大事をとって入院しておりましたところ、静かに眠るように息を引き取りました」と説明。密葬となったことについては「これまでは仕事柄ゆっくりと時間が作れなかったので、家族とともに、この最期の時を一緒に過ごすことができましたこと、ありがたく存じております」とつづり、最後には「これまでの長きにわたり、森光子を愛してくださった多くのファンの皆様、そして支えてくださった方々に、心からの御礼と感謝を申し上げます。誠にありがとうございました」と締めくくっている。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]