シネマトゥデイ

光宗薫、肉声テープで舞台あいさつ欠席を謝罪 体調には触れず

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
光宗薫が肉声テープで謝罪

 24日、ヒューマントラストシネマ渋谷で映画『女子カメラ』初日舞台あいさつが行われ、イベントを欠席した主演で元AKB48光宗薫が、肉声テープで欠席を謝罪した。関係者によるとテープは本日欠席決定後に録音されたもので、光宗は欠席について「公開初日にも関わらず、皆様の前で直接ごあいさつが出来ず大変申し訳ありません」と謝罪したが体調については触れなかった。

映画『女子カメラ』フォトギャラリー

 テープで光宗は謝罪とともに「初めての映画で初主演ということで、わたし自身とてもプレッシャーもありましたが、監督さんをはじめスタッフや共演してくださった方、そしてストーリーのおかげでとても入り込みやすく楽しく演じることができたと思っています」と思い入れのある作品になった様子。映画については「観た方は温かい気持ちで、とても前向きな気持ちになる映画になっていると思います」とアピールしていた。

[PR]

 当日はイベントの数時間前に同作の公式ツイッターアカウントにより光宗の欠席が告知されていたが、それでも客席には多くのファンが来場。光宗は今年8月より体調不良のためイベントを立て続けに欠席するなどファンから大きな心配を集めており、元気な声だけでも聞けたファンからは安堵の声が上がっていた。また、欠席すると思っていたファンいは思わぬサプライズになったようだった。

 同作は光宗が映画初主演を務めたハートフルドラマで、ステージにはキャストの熊谷弥香、高山都、園ゆきよが登壇。大学の写真サークルに所属し卒業を間近に控えた女子大生4人の友情と、写真を通して家族のきずなの大切さに気付いていく姿を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『女子カメラ』はヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]