少女時代スヨン、コ・ソヨン、イム・スジョン「ISABEL MARANT」ローンチングイベントで特別なファッションセンス発揮<韓国JPICTURES>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から少女時代スヨン、コ・ソヨン、イム・スジョン - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 6日 JPICTURES]パリジェンヌブランド「ISABEL MARANT」初のフラッグシップストアの創立記念イベントが12月6日、ソウルの江南(カンナム)区、清潭(チョンダム)洞で行われた。この日のイベントには、コ・ソヨン、スヨン(少女時代)、イ・ヨニ、ペ・ドゥナイム・スジョンキム・ジョンウンが参加して場を華やかにした。

「ISABEL MARANT」韓国初のフラッグシップストア オープン記念イベント フォトギャラリー

 この日少女時代のスヨンは、厳しい寒さにもかかわらず、超ミニのワンピースにブーツで脚線美を披露した。コ・ソヨンは40代でありながら、エスニックワンピースにオーバーサイズコートというファッションを披露し、引き締まった小麦色の美脚が引き立っていた。イム・スジョンは赤色のスキニージーンズを着て現れ、注目を浴びた。

[PR]

 フランスの次世代女性デザイナーであるISABEL MARANTは、毎シーズンパリのファッションウイークで大きな関心を集めている。彼女の名前を掲げた単独のストアは、ソウルの清潭洞にある。韓国に初めて創立されたその「ISABEL MARANT」フラッグシップストアでは、エレガンスなエティテュドゥのメインコレクションと、手頃な価格のEtoilwライン、シューズコレクションを含むアクセサリーラインなどを手に取ることができる。

 清潭洞のストアは、パリ、香港、東京の「ISABEL MARANT」ストアをデザインしたフランスの有名建築スタジオCigueがデザインし、狎鴎亭路(アックジョンノ)の路地に位置する2階建ての家を修理して造られた。原木と内部の庭園など、自然素材をそのまま使用し、「ISABEL MARANT」だけのナチュラルな感性はもちろん、現代的な感性が引き立って見えるモダンさを表現している。

 先立ってニューヨーク、マドリード、北京、レバノンのベイロン、パリ、香港、東京の順に単独ストアをオープンした「ISABEL MARANT」は、来年ロサンゼルス、上海、ロンドンでの新たなストアのオープンを計画しており、独立ブティック数を15店にするという抱負を語った。(Jpictures Syndicate)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]