『レ・ミゼラブル』のサマンサ・バークス、ミュージカルコメディーでカイリー・ミノーグと共演へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミュージカル映画で共演! - サマンサ・バークスとカイリー・ミノーグ - Dave M. Benett / Photoshot / Hulton Archive / Getty Images

 映画『レ・ミゼラブル』で、幼少期のコゼットを預かった宿屋の夫婦の娘、エポニーヌ役を演じた22歳のイギリスの新人女優サマンサ・バークスが、80年代のポップソングを題材にした、カイリー・ミノーグ主演のミュジーカルコメディー『ウォーキング・オン・サンシャイン(原題) / Walking on Sunshine』に出演することになったとThe Wrapが報じた。

サマンサ・バークス出演 映画『レ・ミゼラブル』写真ギャラリー

 バークスは、ロンドンのウエストエンドのミュージカル舞台で演じた、「レ・ミゼラブル」の中でも人気のあるキャラクターの一人であるエポニーヌ役で、スクリーンデビューを果たした。その力量と歌唱力が買われ、早速次回作に出演が決定したと思われる。

 『ウォーキング・オン・サンシャイン(原題)』は、スペインを舞台に、同じ男性に恋してしまう母と娘を描いた作品で、80年代のポップソングがふんだんに使われる予定。監督は、映画『ストリートダンス/TOP OF UK』のメガホンを取った、マックス・ギーワダニア・パスクィーニに決まっている。バークスの役柄は具体的には伝えられていない。公開は2013年予定。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]