アシュトン・カッチャー、ジャスティン・ビーバーの家に偽通報で警察を出動させたのは12歳の男の子

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アシュトン・カッチャーとジャスティン・ビーバー - Jeffrey Mayer / WireImage / Getty Images

 ここ数か月、アシュトン・カッチャージャスティン・ビーバーなどの家に強盗が入ったとの偽通報により警察が出動した事件の犯人はわずか12歳の男の子だったとTMZ.comが報じた。

アシュトン・カッチャー主演映画『ベガスの恋に勝つルール』フォトギャラリー

 通報によっては人質がいるという内容のものもあり、高度なウソでSWATを出動させられるかどうかを試みるスワッティングといういたずらだと警察はみていた。逮捕された男の子は母親と一緒に暮らしてはいたものの、家庭は崩壊状態だったらしい。学校へも行かず、自宅でほかのハッカーとコンピューターで会話をして毎日を過ごしていたという。今後は環境の整った養護施設か養育家庭に預けられ、カウンセリングを受けるようだ。カウンセリングを最後まできちんと受ければ、当局は起訴しないものと思われる。

 10月に起きたアシュトンの家の偽通報による警察の出動は、ロサンゼルス市民の税金1万ドル(約80万円 1ドル80円計算)を浪費した計算になるという。同月、ジャスティンの家の横で拳銃を振り回しているとの偽通報があったほか、先月にはサイモン・コーウェルの家にも偽通報で警察が出動している。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]