『X-メン』のブライアン・シンガー監督が、テレビシリーズ版「トワイライト・ゾーン」を企画!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
テレビシリーズ版「トワイライト・ゾーン」を企画中! - ブライアン・シンガー監督 - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 映画『ユージュアル・サスペクツ』で注目され、『スーパーマン リターンズ』や『X-メン』などの大作で世界的な監督となったブライアン・シンガーが、再び「トワイライト・ゾーン」のテレビシリーズ化を企画していることがDeadlineで報じられた。

ブライアン・シンガー監督作品 映画『X-メン』写真ギャラリー

 これは、ブライアン・シンガーがオリジナルの「トワイライト・ゾーン」(邦題は「ミステリー・ゾーン」)の著作権を所有するCBS テレビ・スタジオズと交渉中の企画で、再度テレビシリーズ化を図っているようだ。もっとも、まだ初期段階の企画であるため、オリジナルのテレビシリーズの脚本を手掛けたロッド・サーリングの遺産管理団体とも最終交渉中で、脚本家もこれから探す予定でいるようだ。

 オリジナルのテレビシリーズ「トワイライト・ゾーン」は、1959年~1964年までCBSで放送され、さらに1985年~1989年にもそのリメイク番組「新 トワイライト・ゾーン」も放送された。今のところ、シンガーは製作総指揮を務める予定で、監督もする可能性があるようだ。シンガーは、すでにテレビシリーズ「Dr.House -ドクター・ハウス-」でもプロデューサーを務め成功させているため、今作もテレビシリーズ化が決まれば、楽しみな作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]